1. HOME
  2. サービス概要
  3. メンタルヘルスとは

SERVICE

サービス概要

メンタルヘルスとは

「メンタルヘルス」とは、カラダの健康ではなく“心の健康状態”のことを指す言葉です。
日々生活をしていく中で、心身ともに疲れが溜まることはあるでしょう。
しかし、現代のネット社会では、便利なぶん、SNSでの誹謗中傷や人間関係トラブルなどにより、強いストレスを抱える人が増えています。
また、どんなに風邪をひかず病気にかかっていなかったとしても、精神的に疲弊していては、心身共に健康とは言えません。
この記事では、メンタルヘルスとは何か、おもな症状や原因、ケア方法までまとめています。

●メンタルヘルスとは

精神面の健康を指すメンタルヘルスは、医学的には「心の病気」とも言われています。
世界保健機構(who)では、「精神的に満たされた状態(mental well-being)」が健康の定義とされており、単にカラダが元気でも、心が疲れていては、心身共に健康とは言えないということなのです。
逆に、精神面が良好で心に不安やストレスを抱えていない状態であれば、イキイキとした意欲的な日々を過ごすことができます。これが、まさに心が健康である状態と言えるのです。

メンタル不調の症状

メンタルヘルスは、心の疾患です。
メンタルヘルスが引き起こす「メンタル不調」により、カラダや行動にもさまざまな異変が現れます。
メンタル不調の症状は具体的にどんなのものがあるのか、症状別にまとめました。

・不眠

1日の疲れをとるための睡眠、「夜になったら眠る」という自然な生活サイクルができなくなってしまうのもメンタル不調の代表的な症状です。
よく、大切な試験の前や結婚式の前など、緊張して眠れなかったという経験をしたことがある人もいるかと思います。それは、心に不安があることが原因です。
メンタル不調になると、常に心に不安や心配があり、何かしら思考してしまう状態のため、脳が興奮状態で眠れなくなってしまいます。

・食欲がわかない

お腹は空くけれど、「食欲がわかない、食べたいと思わない」という食欲不振に陥ることも少なくありません。
緊張したり、悲しい出来事があったりして、食事が喉を通らなかったというのは誰にでもあることですから、そういった場合は心配いりません。
しかし、1日だけでなく数日間も食事をしたいと思わない、十分に食事ができていないという状態は危険です。

・意欲がわかない

仕事や自分が好きだった趣味のことまで、何に対してもやる気が起きず、楽しいと思えなくなる場合もあります。
いままではストレス発散だったことでさえ、意欲がわかなくなり、次第に家から出ず人ともかかわらなくなるケースもあるのです。

・疲れがとれない

日々、社会生活を送る中で疲れが溜まることは誰にでもあります。
しかし、メンタル不調により心が疲弊すると、意欲も食欲もわかなくなり、カラダが鉛のようにまったく動かなくなることもあるんです。
常に心配や不安を抱えている中、どんどん疲労が蓄積し、ずっと横になっていても疲れがとれず、倦怠感に覆われることも少なくありません。

これらのほか、不眠や疲労からくる頭痛、胃痛、肩こりなどの症状に悩まされる人も多くいます。
心に抱えた行き場のない不安感から、アルコールやたばこの用が増え、依存症に陥ってしまうケースもあるのです。

メンタルヘルスが起こる原因

メンタルヘルスは何が原因で引き起こされるのでしょうか。
実は、多くの人が職場原因での不調に悩まされているのです。

・原因の多くが職場に関係している

厚生労働省が平成28年に行った「労働安全衛生調査」によると、「現在の仕事や職業生活に関することで、強い不安、悩み、ストレスになっている感じる事柄がある労働者」は、全体の58.3%もの割合という結果になりました。
社会で働いている約半数以上の人が、仕事により心に大きな負担を抱えている状態です。
こういった職場原因によるメンタルヘルスは、さまざまな問題によって引き起こっています。
長時間労働や低賃金、パワーハラスメントやセクシャルハラスメント、モラルハラスメントなどにより、メンタルを崩し、休職や退職、最悪の場合自ら命を絶ってしまう人もいるのです。

メンタルヘルスケアをするには

メンタルヘルスを改善するにあたって、「気のもちよう」や「メンタルが弱い」などと言われることもあります。
しかし、大病を自力で治すのが難しいことと同じように、メンタルヘルスを自分で治すというのは難しいです。
むしろ、「もっと頑張らなきゃ」と焦ることで、かえって心に負担を与えてしまい、症状がより悪化してしまうという悪循環になる可能性があります。

・病院を受診する

心の病気であるメンタルヘルスは、病院で治療を受けることで少しずつ改善します。
しかし、メンタルヘルスは、単なる心に抱えた悩みととられる人も多く、実感がある人も少ないため、病院へ行くまでに時間がかかることが多いです。
しかし、専門の医師から治療を受けることで、1人1人の原因や症状に合わせ、心に寄り添って一緒に治療を進めていきます。
受診科目は主に「精神科」となるため、抵抗がある方も少なくないかと思いますが、心の不調はいち早く気づいたらすぐに受診し、症状を食い止めることが大切です。

まとめ

メンタルヘルスは、「ただ気分が落ち込んでいるだけ」と見過ごしがちで、判断するのが難しいです。
自分で気づけない人も多いので、「最近様子がおかしいな」「元気がないな」と感じたら、周りの人が気にかけてあげることが大切になります。
また、この記事を読んで、自分がメンタルヘルスにあてはまる可能性がある場合は、家族、友達、カウンセリングでも良いので、まず誰かに話し、相談してみましょう。