1. HOME
  2. サービス概要
  3. 小規模事業者持続化補助金について

SERVICE

サービス概要

小規模事業者持続化補助金について
小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)について

新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために、前向きな投資を行いながら、販路開拓等に取り組む事業者を重点的に支援する目的で、補助上限等を引き上げた「コロナ特別対応型」を新たに公表されました。

補助上限額は100万円に増額され(一般型は50万円)新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越え、持続的な経営に向けた経営計画を策定し、
次の事業のいずれか一つ以上の投資(事業費の6分の1以上)のいずれか一つ以上の投資に取り組みを実施することが要件となります。
・サプライチェーンの毀損への対応
・非対面型ビジネスモデルへの転換
・テレワーク環境の整備

第2回受付締切
申請書類一式の送付締切:2020年6月5日(金)【郵送:必着】

*第1回は2020年5月15日(金)申請締切済

詳しくは日本商工会議所特設サイトよりご確認ください。
https://r2.jizokukahojokin.info/corona/

役立つ3つの特徴

対象について

対象者簡易チェックリスト

チェックリストを実施した結果、すべて当てはまれば、補助金を利用できる可能性が非常に高いです。

No. 確認項目
1 常時使用する従業員の数5人以下サービス業のうち、宿泊業・娯楽業常時使用する従業員の数20人以下製造業その他常時使用する従業員の数20人以下である。
2 「商業・サービス業」、「宿泊業・娯楽業」、「製造業」にあてはまる。
3 会社および会社に準ずる営利法人(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社、企業組合・協業組合)・個人事業主(商工業者であること)・一定の要件を満たした特定非営利活動法人(※)である。
4 法人税法上の収益事業(法人税法施行令第5条に規定される34事業)を 行っている。
5 商工会議所の管轄地域内で事業を営んでいる。
6 受付締切日の前10か月以内に、先行する受付締切回で採択・交付決定を受けていない。
7 「別掲:反社会的勢力排除に関する誓約事項」に該当しない。
https://r1.jizokukahojokin.info/files/7715/8405/9946/koubo_r1_1303.pdf

対象の条件

①補助金を申し込む時点で、すでに創業している 創業とは、法人として会社を設立していること、個人事業主として税務署に開業届を提出していること
②従業員の人数が少ない
(5人以下または20人以下※1)
従業員とは、勤務されている方のうち、会社役員や個人事業主以外の方々をさし、人数は業種によって異なる
③商工会議所または商工会の支援を受ける 申し込むにあたっては、最寄りの商工会議所または商工会の相談員から助言、支援を受けて経営計画を作成し、申込書類に印鑑をもらう必要あり。

※1

業種 人数
卸売業

小売業

サービス業(宿泊業・娯楽業以外)
5人以下
サービス業(宿泊業・娯楽業)
製造業その他
20人以下

補助金額

※1

補助金上限金額 50万円
補助率 必要経費の2/3まで
採択率 約90%(平成30年度実績)

申請について

申請ステップ

申請フロー

*申請から完了報告までの大まかなフロー

弊社では、申請におけるご不明点や情報収集のお手伝いなど、
無償サポートを提供しております。

スケジュール

*第5回受付締切以降(2021年度以降)は現在未定
*交付決定日は審査状況により変動の可能性あり

注意点

  • 補助金は後払い(先に支払いが発生)
  • 補助金が入金されるのは数カ月後
  • 補助金対象は1年目のみ
  • 消費税分の補助金は出ない
  • 新規制作、新規事業が対象
  • 採択は事業計画の充実度次第
  • 事業計画次第でホームページリニューアルも含まれる
  • 小規模事業者持続化補助金とは

    小規模事業者の事業を継続・発展させるために、商工会議所のサポートを受けながら経営企画書を作成し、計画にそって行う事業に対して補助金を支給して支援する制度です。事業を維持継続させる目的の補助金である商品・サービスを新しいお客さんに売り込む、販路開拓の経費と活用することができます。

    出典:小規模事業者持続化補助金<一般型> 【公募要領】

    ご連絡先

    本件に関するお問い合わせ先

    株式会社メンタルヘルステクノロジーズ
    TEL:03-6277-6595
    メール:sales@mh-tec.co.jp
    担当:沢田・森川