人材採用支援サービス|株式会社メンタルヘルステクノジーズ

       お問い合わせ

採用に必要なのは、3つの戦略

1
採用メディアの
ポートフォリオ戦略
2
オンライン・オフラインを
かけ合わせた
チャンネル戦略
3
メッセージ性のある
コミュニケーション
戦略
       

獲得単価抑制を実現!!

       

メンタルヘルステクノジーズでは、この3つの戦略を素直に実行するだけで四半期で25名の採用に成功し、
それだけでなく、低単価での獲得を実現しました。

おかげさまで、2018年春ごろから当社の事業の成長が急加速し、多くの人材を採用する必要が出てきました。そこを上記の3つの戦略を素直に実行するだけで、業界平均のおおよそ1/10の獲得単価で優秀な人材の採用に成功しました。
採用も結局はマーケティング戦略です。弊社が医師向けマーケティングで培ったノウハウで採用も成功しました。このノウハウを貴社の採用戦略にもお役立ていただけますと幸いです。            
メンタルヘルステクノロジーズ 代表取締役刀禰真之介
メンタルヘルステクノロジーズ
代表取締役刀禰真之介
お問い合わせ

1採用メディアのポートフォリオ戦略


採用ばかりに時間をかけられないということもあり、どうしても大手の採用メディアや人材エージェントに頼りがちですが、使用するメディアのポートフォリオをきちんと設計することで、非常に効率的にエントリーを稼ぐことが可能です。ここの戦略では、まずは「エントリー数」にフォーカスして戦略を組み立てます。
               お問い合わせ

グラフ

2オンライン・オフラインをかけ合わせたチャンネル戦略


オンライン上の訴求だけでなく、オフラインを利用した採用情報展開も非常に大事です。たとえば、採用面接時の会社や事業の説明。手短なコーポレートサイトや会社案内などで説明を簡単に済ませてしまうのではなく、会社のこと、事業のこと、そして求職者の未来のことを中心に語れるオフラインのツールも作る必要があります。パワーポイントや採用専用のパンフレットなどがそれらに該当します。ここでは、「エントリー数」と「面接の次ステップへの遷移数」にフォーカスして戦略を組み立てます。
               お問い合わせ

3メッセージ性のあるコミュニケーション戦略


入社前後でのギャップが大きいと、せっかく採用した社員のパフォーマンスが100%発揮されるどころか、入社してすぐに退職してしまうリスクが高まります。それを防止するために、ビジョンやミッションを改めて見直し、明文化して訴求します。採用においては、ビジョン・ミッションへの共感は給与などの待遇諸条件以上に大事な要素となります。ここでは、「内定受諾率」にフォーカスして戦略を組み立てます。
               お問い合わせ

ご依頼からの流れ

1ヒアリング

           

まずは採用に関する課題を率直にお聞かせください。その課題を解決できる採用戦略の構築をサポートさせていただきます。

2メディア
ポートフォリオ
確定

           

ヒアリング時の課題とご予算に合わせて使用する採用メディアのポートフォリオを組みます。各メディアとのご調整は貴社にてご対応いただきます。

3チャネル選定

           

採用面接時に利用するツール・チャネルを見直します。必要に応じて新規作成します。

4コピー作成
(オプション)

           

企業のビジョン・ミッションを中心に、行動指針など、会社が大事にしていることを改めて明文化し、求職者の会社への共感を高められる表現に改めます。必要に応じて専門のコピーライターをアサインしてコピーライティングを行います。

         

5運  用

           

それぞれのKPIをウォッチしながら、採用戦略を実行します。月に1度の定例ミーティングでPDCAサイクルを回していきます。

6 採 用!
       

お問い合わせ

       

少しでもご興味があればお気軽にお問い合わせください。担当のコンサルタントが説明に伺わせていただきます。